効果的な便秘解消法

ダイエット目的で選ばれる青汁とは

青汁ダイエットに飲む青汁をダイエット目的の効果だけで見ていきましょう。

代表的な原料として有名な「ケール」は栄養価が高く、ビタミンとカリウムが豊富に含まれています。
カリウムの利尿効果によって余計なものを排出しながら、
健康的にサイズダウンすることが可能になるといってもいいでしょう。
ケールに含まれるビタミンやミネラルを摂ることでリバウンドが起こりにくくなり、太りにくい体質作りができます。
ただし味に苦味がありますので、好みがはっきりと分かれる青汁でもあります。

「大麦若葉」はビタミンやミネラルがたっぷりなために、
新陳代謝が上がり脂肪が燃えやすい体質にもなります。
他の野菜よりもミネラル、ビタミン、酵素が豊富なために、
体重を減らそうとして食事量を抑えても栄養不足になることはありません。
何よりも大麦は香ばしさが特徴ですので青汁自体も飲みやすい味です。

「明日葉」は栄養価が高いこともありますが、
何よりも明日葉だけに含まれているカルコンという成分が他の青汁と大きく違います。
カルコンはポリフェノールの一種であり、強い抗酸化作用があります。
つまり細胞の若々しさを保ち、新陳代謝を高めて身体中の余分なむくみなどの老廃物を排出してくれます。
ある意味ではダイエットに選ばれやすい青汁になります。

「桑の葉」はデオキシノジリマイシン(DNC)という成分が
α-グルコシダーゼという酵素と結びつき、小腸で糖質が吸収されるのを防いでくれます。
つまりダイエットの天敵である甘いものの成分を規制してくれるという性質があるのです。
しかも脂肪まで燃やしてくれるというのですから、かなりダイエットに相応しい青汁と言えるでしょう。

最近は全てを少量ずつ配合した商品も珍しくはありません。
目的意識がないのならばいいのかもしれませんが、
ダイエット目的ならば「明日葉」と「桑の葉」を配合したような青汁がお勧めです。
最近ではマンゴー味の青汁など子供でも飲めるように工夫されているタイプもありますのでこういったもので毎日続けることも良いでしょう。
その他にも青汁をどのようなもので割るとおいしいかこちらにかいてあります。
他にも緑茶にも脂肪を燃やす効果がありますので、味の意味でも注目といえるでしょう。
Copyright(C) 新陳代謝を高める All Rights Reserved.