効果的な便秘解消法

いつもの食事に一杯でダイエット

きちんとした手作りの食事をしている人であっても野菜が足りないと言われるこの時代において
一杯の青汁が占める役割は大きいと言えるでしょう。

栄養バランスの良い食事をと考えているつもりでも、欧米化の食事に慣れてしまった現代人は
野菜を主食と考えずに、あくまで付けたし程度にしか使われていないのです。

日本人の平均の1日の野菜の摂取量は280gと言われており、厚生労働省が提示した350gに足りていないのです。
そこに青汁を加えることによって野菜不足は解消されるといってもいいでしょう。
むしろ野菜の栄養素が加わることによって、食事全体のバランスが良くなり、太るという要素からも遠ざかります。

太る原因の多くはカロリーの過多にありますが、栄養バランスが悪いことも挙げられているのです。
そして青汁に含まれている食物繊維こそが腸を動かして腸の中の老廃物を排出してくれます。
それにより新陳代謝を高めて、身体を活性化させて痩せやすく太りにくい身体にしていくのです。

そういう意味では青汁は仕事に忙しくて、
外食や店で買ってきた弁当や総菜などで食事を済ませている人には本当に相応しいといえるでしょう。

外食や買ってきた弁当などには野菜は本当についているという程度です。
確かに外食先が「野菜のバイキング」や「おふくろの味専門店」とか
野菜を多く扱っていた場所であるのならば話は変わってきますが、あまり進んで毎日は行かないでしょう。
そうなるとカロリーの高い食事を続けることと同じであり、また野菜が不足していることになります。

ある人は外食にいくことが決まったら青汁を飲んでから出かけるようにしていると、
食事に行っても控えることができるし、胃にも靠れることはなく、翌朝には快便な生活になったそうです。
さすがにカロリーの高いものを食べたり、付き合いで酒も飲むので
体重の変化は遅々としたものであったようですが、高かった血圧が安定したという話もあります。

出来るならば食事は家で作ったものがいいのですが、たった一杯の青汁でも大きく違うのです。
青汁をおいしくのむコツは、http://img4.net/11.htmlに載っています。
Copyright(C) 新陳代謝を高める All Rights Reserved.