効果的な便秘解消法

青汁選びで注目するダイエット成分

青汁ダイエットで選ぶのは食物繊維の高さでしょう。
青汁は野菜から作られているのだから必ずはいっているのではないのかというのならば入っています。
しかしその製造過程において減少する可能性があるのです。

まず冷凍用の青汁には2種類の不溶性食物繊維と水溶性食物繊維とがあります。
しかし粉末用の青汁は材料を絞って加工を行いますので、
不溶性食物繊維の量は野菜をそのまま食べる場合よりも減少してしまいます。
たまに入っているものもありますが特別な製法で作られているので、珍しい青汁になると言えます。

そして青汁の原料によっても差がありますので、
しっかりとパッケージを見て食物繊維の含有量が多いのを選びましょう。
食物繊維は腸を動かし老廃物を排出するという一番基本的な青汁によるダイエットにとって必要なものです。
この行動により、食べ物の栄養分以外を排出しながらも身体の新陳代謝が高められて、
余分なものも排出してくれるのです。

また酵素もとても重要な成分と言えます。
酵素で有名なのは、大麦若葉に含まれているSOD(スーパーオキシドゾスムターゼ)、
パーオキシターゼという2大抗酸化酵素であり、明日葉のカルコンというポリフェノールです。

これらは抗酸化酵素として活性酸素を抑える成分としての方が有名ですが、
実はビタミンやミネラルの力を借りて脂肪を燃焼させているという効果もあります。

青汁ダイエットによって新陳代謝が高められて、脂肪を燃焼させるというのは
確かにダイエットの手助けにはなりますが、何よりも大切なのは野菜不足による野菜の成分の解消です。
確かに太る原因にはカロリー過多は大きな原因になっていますが、栄養バランスの傾きも含まれるのです。

つまり炭水化物やたんぱく質ばかりの食事が、
ビタミンやミネラルとのバランスを悪くしてしまい、太るどころか、健康まで害してしまいます。
青汁はビタミンやミネラルを多く含み、身体のバランスを整えるのです。
そんな青汁なのですが熱湯で割ると栄養素が減ってしまうらしいです。詳しくはこちらをご覧ください。
Copyright(C) 新陳代謝を高める All Rights Reserved.